伊賀市服部町の自動車整備販売会社「小川モータース」が10月21日、同市立図書館に児童図書の購入費用として7万1000円を寄贈した。【谷口教育長(左)に目録を手渡す小川社長=伊賀市役所で】

 同社は2015年から毎年、創業年数に応じた額の寄贈を続けており、創業71年となる今年は7万1000円を寄贈。市ではこれまでに児童書や外国語絵本、紙芝居など計237冊を選書・購入し、同図書館の児童書コーナーへ「小川モータース四礼文庫」として配架している他、学校・保育園などの団体貸出としても活用している。

 この日、市教委の谷口修一教育長に目録を渡した小川幸子社長は「主人(昨年12月に亡くなった小川秀貴会長)も本が好きで、子どもたちに本に親しんでほしいと寄贈を続けてきた。子どもたちのために読みやすい本、親しみやすい本を買って頂けたら」と話した。