地域活性化と観光スポットの拠点づくりに向け、忍者列車の伊賀鉄道とハーブガーデンを運営するメナード青山リゾート(伊賀市霧生)が協力し、車内で香りが満喫できる「セージトレイン」が10月14日から運行を始める。期間は「セージフェスタ」最終日の来月23日まで。【乗車と来園を呼び掛ける伊賀鉄道とメナード青山リゾートの関係者=伊賀市上野丸之内で】

 今年で10回目。セージトレインに使用するのは緑と桃色の忍者列車。2両のうち伊賀上野寄りの1両にアーチ状のポールを設置し、10種類の造花約90本やカラー布、ビーズが入った香り玉などを飾り付けている。

 ハーブガーデンのうち、セージは広さ約1万平方メートルにパイナップルセージやラベンダーセージ、ローズベリーセージなど10種類以上が約3万株植えられている。見頃の最盛期は今月末ごろだという。

 同施設では、フェスタ期間中の土日祝にハーブソルト作り体験やフレッシュハーブティー教室(各税込み550円)を開催。入園料は大人(中学生以上)が税込み1100円、小学生以下は無料で、10月16日まではプレオープン期間として大人も無料になる。開園時間は午前9時から午後5時(受付終了は同4時)。

 問い合わせは同鉄道上野市駅(0595・21・3231)、同リゾート(0595・54・1326=予約センター)へ。