名張市を拠点に児童向け英語学習塾を全国展開する運営会社「iGO」(桔梗が丘4)代表の小林京美さん(53)は、学習法「アクティメソッド」を紹介する書籍「小学生から始めるタイピング英語」(KADOKAWA)を出版した。【書籍を紹介する小林さん(左)と松浦さん=名張市桔梗が丘4で】

 5年ほど前に小林さんが開発したアクティメソッドは、パソコンで単語をタイピングすることで英語力を身に着ける学習法。覚えるスピードが速い上、タイピング技術も身に着くといい、塾生の中には低学年で2千語を覚え、英検準2級に合格した児童もいるという。

 収録している中学1年レベルの単語と英文を、本を見ながら順番に1日10分を目安にタイピングしていく手順を勧めている。コラボレーションが実現したペンギンの人気キャラクター「コウペンちゃん」が「英語勉強してえらーい」などと応援する挿絵もある。

 書籍化に当たり、同社の英語トレーナー松浦高宏さん(24)も編集に参加。使用する文字キーが分散するよう単語を選んだり、楽しみながら学習を進められるよう豆知識コーナーを手掛けたりした。

 小林さんは「教室生向けタイピングソフトの体験版と、発音を確認する音声データをダウンロードできる特典も付いている。学習法に興味を持つきっかけになれば」と話す。

 B5判136ページで税込み1430円。岡森書店白鳳店(伊賀市)の他、全国の書店で取り扱っている。

2020年9月26日付780号19面から