東京を拠点に声優として活動する奥井ゆうこさんは名張市出身。その一方で、「古代エジプトとミイラが好き」と自身の好みをSNSで発信したところ、エジプト政府観光局から仕事の依頼が来るなど、活動の場を広げている。【奥井さん(提供写真)】

イベントにも出演

 幼いころから「明るくお茶目な子」で、高校生の時に授業で見たミイラの写真に“一目ぼれ”。古代エジプト文明を楽しく教えてくれた世界史の先生に刺激を受け、大学では歴史学を専攻した。

 大学1年の時、アニメの専門学校に通う友人に誘われた学園祭で、学生の芝居を観て感銘を受けた。2年になると、大学に通う傍ら、大阪にある声優・タレント専門学校に週1回通い、声優を目指そうと養成所へ。学業では地歴科教員免許を取得したが、大学卒業と同時に、目標をかなえるため上京した。

 東京では声優の芸能事務所「アズリードカンパニー」に所属し、2013年に劇場版アニメで声優としてデビュー。端役だったが、夢にまで見た現場で緊張したものの、「充実感でいっぱいだった」と振り返る。翌年、初めて女子生徒役で出演したテレビアニメは「声が分かったよ」と家族や友だちから連絡があり、うれしかったという。

動画サービスで配信

 アニメだけでなくゲーム関係の仕事も増え、生活が落ち着いてきた5年前、「ミイラを愛してやまない」など、ブログやSNSで積極的に発信するようになった。関連する展覧会のレポートや、エジプト考古学教授の公演会や勉強会での最新情報を、ライブ動画サービス「ショールーム」を使って配信するようにもなった。

 3年前には、配信がきっかけとなったエジプト政府観光局からの依頼で、同局が主催するイベントの司会を務めた。今でもイベントなどがあると声が掛かるという。

 「全てが縁」と感謝を口にする奥井さん。「もっといろいろな人に出会って、自分の声をたくさんの人に届けたい。そして声優という立場からも歴史の楽しさを伝えられたら」と話した。

 奥井さんはツイッター(奥井ゆうこ@古代エジプト・ミイラ大好き)で情報発信している。

2020年9月12日付779号3面から