交通課長 野原真太郎

 9月21日から30日までの10日間、「秋の全国交通安全運動」が実施されます。運動の重点としては、次の3つが掲げられています。

①子どもら歩行者の安全と自転車の安全利用の確保

 車を運転する際は、横断歩道における歩行者優先のルールを徹底しましょう。歩行者の方は、走行車両がいないことを確認してから渡るなど、自らが危険を回避できる行動を意識しましょう。また、自転車乗用中の傘差し運転、スマートフォン・イヤホンの使用は危険ですから、絶対にやめましょう。

②高齢運転者などの安全運転の励行

 高齢運転者の方は、「まだ大丈夫」と思っても、反射神経の鈍化や筋力の衰え、視野障害の増加など、加齢に伴う身体機能の変化を認識することが大切です。安全運転サポート車(サポカー)への乗り換えについても検討をお願いします。

③夕暮れ時と夜間の交通事故防止と飲酒運転などの危険運転の防止

 秋口になると日没時間が急激に早くなり、夕暮れ時や夜間の時間帯は視認性が低下しますので、ドライバーの方は早めのライト点灯を心掛けましょう。

悲惨な交通事故を防ぐために

 悲惨な交通死亡事故を無くすためには、県民一人ひとりが交通ルールを順守するとともに、正しい交通マナーを実践して頂く必要があります。今後も安全運転を心掛けて頂きますようお願いします。

2020年9月12日付779号22面から