「忍法元気回復の巻」と銘打ち、新型コロナウイルスで影響を受けた地域経済を再生するために発行される伊賀市のプレミアム付商品券の販売と利用が、9月10日からスタートした。【伊賀市のプレミアム付商品券の取扱店を示すポスターを手に利用を呼び掛ける山崎さん】

 商品券は、国の新型コロナ対策支援補正予算を利用し、上野商工会議所、伊賀市商工会、伊賀上野観光協会などから組織される市プレミアム付商品券事業実行委員会が発行する。

 市内の全4万世帯には1冊8000円分を5000円で購入できる引換券が送付されており、抽選での2次販売を含む5万セットを用意。利用登録店全てで使える共通券5枚と、中小店のみで使用可能な専用券3枚がセットになっている。

 加えて、子育て世帯へ保育園児1人に対し1冊5000円分を無償配布する2500セット(共通券2枚、専用券3枚)、市内14の宿泊施設で宿泊者を対象に1冊5000円分を3000円で販売する1万セット(同)も発行される。

 一般販売は同商議所、伊賀市商工会の他、市内にある北伊勢上野信用金庫、三重銀行の各支店などで。

独自サービスも

 利用者限定で、アンケートに答えると抽選で地元産品が当たる企画や、各商店街独自のサービスなども予定されている。

 事務局を担当する同商議所の山崎茜音さんは「コロナの影響を受け、市内の店舗はかなり疲弊している。このチケットを起爆剤に元気回復への足掛かりにしてほしい」と話した。

 利用登録店舗数は9月4日現在507店舗。販売時間や各店舗サービスの詳細は同商議所のホームページ(http://iga-ueno.or.jp/)で案内している。

 問い合わせは同商議所(0595・21・0527)まで。