三重県は、新型コロナウイルスへの感染を調べるPCR検査の数が累計で8000件を超えたと発表した。今年1月に初めて実施し、8月19日時点の累計が8199件となっていた。

 県によると、8月1日から10日までの計2277件の検査で148人の感染が判明。7月には三重大学の学生を中心に広がったクラスターが確認され、8月12日時点で187件の検査を実施、24人の感染が確認された。8月の県内検査数は19日時点で約3600件となっている。