県は7月23日、県内延べ59例目の新型コロナウイルス感染が確認された、大阪府在住10代男子大学生の濃厚接触者と接触者計5人について、検査の結果いずれも陰性だったと発表した。

 男性は伊賀市の実家に帰省中に発症し、21日に陽性が判明。県は濃厚接触者として実家の家族3人、接触者としてアルバイト先の従業員2人を特定し、調べを進めていた。引き続き健康観察を行うとしている。