三重県は7月23日、尾鷲市に住む自営業の50代女性が、新型コロナウイルス感染症の検査で陽性が判明したと発表した。県内61例目。

 県によると、この女性は20日夜に38・4度の発熱があり、翌朝には一旦解熱したものの再度発熱したため、医療機関を受診。22日の検査で陽性と判明し、現在は症状が無いものの、県内の医療機関に入院している。

 女性は今月4、5日に自家用車で大阪府内へ買い物などに出掛け、19日には家族の受診付き添いのため県内の医療機関を訪問。18、20日と21日の午前中は出勤していたことがわかっている。日常的にマスクを着用し、公共交通機関の利用も無かったといい、23日時点で特定されている濃厚接触者は、同居家族2人と別居家族1人の計3人。