三重県は7月15日、愛知県在住で外国籍の40代女性と松阪市在住の20代会社員男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内51、52例目。

 発表によると、女性は11日に息子とペルーから入国後、自家用車で四日市市の親族宅を訪問。翌日に空港検疫所での検査結果が分かり、息子の陽性が判明。女性も再度検査したところ、14日に陽性が確認された。接触者の親族7人は同日、全員の陰性が確認された。女性は5月にペルーで感染し、退院後に入国していた。

 松阪市の20代男性は、11日に県内49例目として感染が確認された40代パート従業員が勤務する市内のパチンコ店の同僚。14日に濃厚接触者として検体採取し、15日に陽性が判明した。