刑事課長 石井博明

 伊賀署管内の治安情勢について申し上げます。当署管内の刑法犯発生件数につきましては、2001年の2439件をピークに、以降は段階的に減少し、昨年は475件で、ピーク時の5分の1近くにまで減少しています。今年に入りましても、5月末現在で135件と、昨年同期比でマイナス66件と減少傾向が続いています。

 一方、皆さまの身近で発生している空き巣などの住宅を対象とした窃盗事件が前年に比べて若干増加している他、車上ねらいなどの自動車関連犯罪につきましても、被害は後を絶たず、高止まりの状況にあります。

 また、キャッシュカードがだまし取られ、現金約203万円が引き出される特殊詐欺の被害が発生し、更には覚醒剤と大麻事犯で3人を検挙するなど薬物事件も後を絶たない状況です。

 伊賀署では、関係機関・団体や防犯ボランティアの皆さまらと連携を図りながら各種防犯対策を推進するとともに、発生した事件は必ず解決するとの決意のもと、1人でも多く被疑者を検挙し、1件でも多くの事件を解決するよう、捜査活動に万全を期しています。

 地域住民の皆さまには、事件に関する情報や覚醒剤などの薬物の他、暴力団に関する情報がありましたら、どんな小さなことでも結構ですので、最寄りの警察署、交番などに連絡頂ければ幸いです。

 今後とも、警察活動へのご理解とご協力をお願いします。

2020年6月27日付774号23面から