伊賀市森寺の森岡光嘉さん(78)、さち代さん(79)夫妻の自宅周辺に植えられたアジサイ約1千株が、青や白、ピンクなどの花を咲かせ、近所の人や道行く人に「色とりどりで奇麗」と好評だ。

 ともに昔からの花好き。アジサイは地元住民たちに楽しんでもらおうと、約50年前に庭や所有する山の道沿いにそれぞれ植えた。最初は300株ほどだったが、知り合いから珍しい種類を株分けしてもらうなどして、現在は20種類ほど、約1千株が育っている。

 山に植えたアジサイのそばには、竹を組み合わせた手作りの椅子と机が並べられた休憩スペースがあり、花を見ながら森林浴を楽しむことができる。また、近所の保育園や小学校の児童が、授業の一環として野外学習に訪れることもあるそうだ。

 アジサイは植え替えの必要がなく、枝切りなどの簡単な手入れだけで毎年奇麗な花を咲かせるという。さち代さんは「森の香りを感じて花に癒やされてほしい。7月中旬ごろまで見られそう」と話した。

2020年6月27日付774号1面から