伊賀・名張両市のアマチュア画家でつくる「チャーチル会上野」が、60代から80代の会員17人と元会員ら4人の計38点を収録した創立60周年記念画集を発刊した。【画集を手にする平木さん(左)と濵津さん=伊賀市役所で】

 同会は1959(昭和34)年に発足。作品展を年2回開いており、今年5月にも春展を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止で中止を決め、スケッチなどの会活動も8月まで休止している。

 画集は50ページで300部発行。現役会員は自画像とともにお気に入りの油彩画や水彩画各2点を載せ、創立間もないころの作品展告知ポスターやスケッチ旅行時の写真なども紹介している。

 幹事長の平木達郎さん(78)(伊賀市上野中町)は「新型コロナの感染拡大がなければ、準備していたチャリティー展で絵を見てもらえたのに残念。秋には皆張り切って作品を出してくれる。これからも楽しく絵を描いていきたい」と話した。

 画集は希望者に1部税込み2千円で販売する。

 問い合わせは同グループ事務局の濵津享助さん(080・2619・1600)へ。

2020年6月13日付773号19面から