名張市は家庭で余っているマスクを募り、小中学校や福祉施設などに配布する「なばり愛のマスクバンクプロジェクト」を創設した。【名張市役所の回収箱=名張市鴻之台1で】

 未開封の布製や使い捨てのマスクで、手作りしたマスクは対象外。回収箱は、市役所1階(鴻之台1)ロビーや市内15地区の「まちの保健室」に設置されており、期間は7月31日まで。市健康・子育て支援室への郵送も可能で、着払いは不可。市外からの寄付も可能。

 問い合わせは同室(0595・63・6970)まで。

名張JCの回収箱=名張市南町で

名張JCはアスピアに設置

 名張青年会議所(JC)も、名張産業振興センター・アスピア(南町)1階正面玄関横にマスク回収箱を設置した。対象は市と同様で、市教育委員会を通じて小中学校に寄付する。