伊賀署は5月29日、詐欺被害を未然に防いだとして、百五銀行上野支店緑ヶ丘出張所(伊賀市緑ケ丘中町)と行員の松井彩音さん(23)に感謝状を贈った。【感謝状を受け取る松井さん(中央)と有馬所長(右)=伊賀市緑ケ丘中町で】

 同署によると、同月7日の午後1時ごろに市内の50代女性が「SNSで交流している男性に現金200万円を振り込みたい」と来店。対応した松井さんが話を聞き、交流している男性の名前と口座の名義人が異なることから詐欺に遭っているのではと不審に感じ、有馬幸司所長(50)に相談して警察に通報した。

 男性は外国人を名乗り、「娘に金を送りたい」と女性に振り込みを要求していたという。

 同店では週に1回、コンプライアンス講習会を開いており、この日は朝から、外国人がSNSなどを通じて恋愛感情を抱かせ現金をだまし取る「国際ロマンス詐欺」の講習が実施されていた。

 松井さんは「このような形で地域に貢献できたことはうれしい。私一人の力ではなく、所長との連携があったからこそ防げた」と話し、贈呈した金川裕之署長は「社会連帯共助の精神を全うしてくれた」と感心していた。