名張市は5月18日、亀井利克市長(68)が条例に基づき提出した資産などの報告書を公開した。2019年の給与所得は前年比9万6400円減の1244万9500円だった。

 雑所得は、内閣府の有識者会議に昨年4月と5月に2回ずつ出席した報酬計9万3860円で、新たな資産はなかった。借入金は262万8000円だった。

 閲覧は同市鴻之台1の市役所1階市民相談室で、平日午前8時30分から午後5時15分まで。市ホームページでも公開している。