衛生用品メーカーの「サラヤ」(本社・大阪市)は5月11日、アルコール手指消毒剤1リットルボトル500本を伊賀、名張両市にそれぞれ寄贈した。両市とも市内の福祉施設などに配布するという。【寄贈された手指消毒剤=名張市鴻之台1で(市提供写真)】

 同社は両市の境界に近い伊賀市安場に伊賀工場を持ち、アルコール手指消毒剤の生産拠点としている。新型コロナウイルス感染拡大による需要の高まりを受け、同社では今月の消毒液生産量を従来の6倍から7倍に増やしているという。