地元農作物の直売施設「とれたて名張交流館」(名張市希央台1)は5月4日、新型コロナウイルスの感染防止のため、車から降りずに野菜や果物が購入できる事前予約制の「とれなばドライブスルー」の受け付けを始めた。【野菜の入った段ボールを積み込む店員=名張市希央台1で】

 ドライブスルーは店内の混雑を緩和し、人同士の接触を減らすことで、安心して買い物をしてもらおうと取り入れた。

 商品は午前10時から正午までに同館前の駐車場で受け取れる。受け取りの前日(午後1時から同4時)に電話予約が必要となる。

 同館の坂本隆一店長は(64)は「混み合う場所での買い物が心配な人はぜひ使って」と利用を呼び掛けた。

 予約・問い合わせは同館(0595・62・1755)まで。