名張市は4月に市民情報交流センター(同市希央台5)内に開設した市多文化共生センターの愛称を募集している。5月24日締め切り。【多文化共生センターの窓口=名張市希央台5で】

 同センターは外国人の支援や地域住民との交流拠点で、書類の書き方やごみの出し方、災害時の対応など日常生活の相談の他、日本語教室などイベントの運営にも取り組む。

 担当職員の松崎瑠美さんは「どんな言語を使う方にも覚えやすく、親しみやすい名前を考えて頂けたら」と呼び掛けている。

 応募は愛称名、考えた理由、氏名、連絡先を明記し、電子メール(tabunka@emachi-nabari.jp)で送信する。電話でも可。

 問い合わせは同センター(0595・64・6711)まで。