三重県は4月15日、東員町在住で桑名市の「ハート歯科」に勤務する50代の女性歯科医師が新型コロナウイルスに感染したと発表した。名古屋市で確認された感染者と接触があった。県内20例目。

 発表によると、女性歯科医師は4日にのどの痛みがあり、5日に39度の発熱やせきなどで医療機関を受診。14日に再び38度の発熱や呼吸困難などの症状があり再診後、15日にPCR検査で陽性が判明した。現在は県内の感染症指定医療機関に入院している。

 女性歯科医師は4日、6から8日、13、14日に勤務先の歯科で診察していた。診察時はマスクを着用し、通勤は自家用車を使用していた。

 県は濃厚接触者を調べPCR検査を実施するとともに、健康観察を行うとしている。