新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、政府が4月7日に緊急事態を宣言したことを受け、伊賀市は8日午後に同感染症対策本部員会議を開き、感染防止対策が十分にとれない市主催イベントを 5月10日まで延期・中止し、市民センターなど公共施設の貸し出し、文化施設や観光施設の開館も4月9日から5月10日まで中止することなどを確認した。

 緊急事態措置の実施期間が5月6日までとなっていることを考慮し、当初4月19日までとしていた市主催イベントの中止・延期期間を拡大することに、市幹部がこの日の会議で同意。公共施設の貸し出しは、期間中の新規利用申し込みを受け付けず、既に受け付けている利用者にも状況を説明し中止するよう促していくという。

 4月9日 (伊賀上野城は10日) から5月10日まで休館する市内の文化施設、観光施設などは以下。

▼上野図書館(上野丸之内)▼いがまち図書室(下柘植)▼島ヶ原図書室(島ヶ原)▼阿山図書室(川合)▼大山田図書室(平田)▼青山図書室(阿保)▼初瀬街道たわらや(同)▼大山田郷土資料館(富永)▼史跡旧崇広堂(上野丸之内)▼入交家住宅(上野相生町)▼旧小田小学校本館(小田町)▼城之越遺跡(比土)▼伊賀上野城(上野丸之内)▼芭蕉翁記念館(同)▼だんじり会館(同)▼蓑虫庵(上野西日南町)▼赤井家住宅(上野忍町)▼伊賀焼伝統産業会館(丸柱)

 以下の施設は4月11日から5月10日まで休館。

▼伊賀流忍者博物館(上野丸之内)▼上野公園入口観光案内所(同)▼伊賀伝統伝承館 伊賀くみひも組匠の里(同)▼市観光案内所(同)

 会議の終わりに、本部長の岡本栄市長は「(緊急事態措置を実施している)大阪・兵庫へ伊賀から通勤・通学している人もおり、対岸の火事ではない。国や県の対策を漏れなく市民に伝え、市としてできることをフォローアップしていく」とコメントした。