名張市は3月24日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で停止していた図書館や体育館など公共施設の利用について、対策を徹底した上で4月1日から再開すると発表した。伊賀保健所管内で陽性の患者が約2週間出ていないことから利用可能と判断した。

 再開する施設は▼市立図書館▼HOS名張アリーナ(4月からマツヤマSSKアリーナ)▼勤労福祉会館▼武道交流館いきいき▼郷土資料館▼夏見廃寺展示館▼名張藤堂家邸▼adsホール▼こども支援センターかがやき▼マイ保育ステーション▼総合福祉センターふれあい▼老人福祉センターふれあい▼福祉まちづくりセンター▼やなせ宿▼リバーナホール▼はぐくみ工房あららぎ▼市民情報交流センター▼市防災センターの他、各市民センターなど。

 同市教育委員会によると小中学校については3月25日の修了式後、4月5日までを春休み期間とし、6日に始業式と入学式を行う。