2011年の東日本大震災発生から丸9年を迎えた3月11日、伊賀・名張両市でも市職員や警察署員らが発生時刻の午後2時46分に合わせて黙とうを捧げ、犠牲者の冥福を祈った。【(左)黙とうする名張署員=名張市蔵持町芝出で(右)黙とうする伊賀市職員=伊賀市四十九町で】

 伊賀市役所本庁(同市四十九町)では、職員や来庁者に呼び掛ける館内放送があった後、1分間の黙とうが捧げられた。名張署(名張市蔵持町芝出)でも同時刻、職員と来庁者が黙とうした。