伊賀、名張両市は2月28日、新型コロナウイルスの感染拡大防止ため、29日から3月15日までの間、図書館など複数の公共施設の臨時休業や新規受付中止などの対応を決めた。今後の状況によって、期間変更の可能性もあるとしている。

【伊賀市】

〈臨時休業〉 ▼上野図書館(上野丸之内)▼いがまち図書室(下柘植)▼島ヶ原図書室(島ヶ原)▼阿山図書室(川合)▼大山田図書室(平田)▼青山図書室(阿保)▼柘植歴史民俗資料館(柘植町)▼大山田郷土資料館(富永)▼史跡旧崇広堂(上野丸之内)▼入交家住宅(上野相生町)▼旧小田小学校本館(小田町)▼城之越遺跡(比土)

〈自由観覧休止〉(14日まで) ▼赤井家住宅(上野忍町)

【名張市】

〈臨時休業〉 ▼市立図書館(桜ケ丘)▼市郷土資料館(安部田)▼夏見廃寺展示館(夏見)▼名張藤堂家邸(丸之内)

〈新規受付中止〉 ▼HOS名張アリーナ(夏見)▼市勤労福祉会館(同)▼市武道交流館いきいき(蔵持町里)▼adsホール(松崎町)

 なお、図書館で借りた書籍の返却については、いずれも各館備え付けの返却ポストが利用でき、休業中は延滞措置の対象にはならないという。