伊賀市文化都市協会主催の「伊賀こどもミュージカル」。3回目の公演となる「ピーターパン~ネバーランドへGO!~」が2月9日午後2時半から同市西明寺の市文化会館さまざまホールで開かれる。本番が迫る中、出演する子どもたちの稽古も熱を帯びてきた。【練習するキッズチーム=伊賀市阿保で】

舞台に向け練習に熱

 子ども育成事業のミュージカルとしては前身の「青山こどもミュージカル」から数えて10回目の舞台。昨年10月にあったオーディションで3歳から高校2年の伊賀地域を中心にした46人が選ばれた。11月から週末を中心に同会館や青山ホールで稽古を重ね、年明けも4日から稽古を始めている。

 マーメイド役として今回3回目の参加になる澤田蒼空ちゃん(6)と初参加の飯島未颯ちゃん(5)の2人は「友だちもできて稽古も楽しいし、とても楽しみ」と笑顔だ。

 演出する松井由さんは「リズム打ちをみんなでするシーンは圧巻で見せ場。歌って踊って笑って泣いて、2幕構成のステージをぜひ」と来場を呼び掛けた。

 入場料は全席指定で前売り当日とも一般1500円。同会館や青山ホール、あやま文化センターで販売している。

 問い合わせは同会館(0595・24・7015)まで。

2020年1月11日付 763号 8面から