伊賀鉄道と伊賀市周辺でガス事業などを手掛ける上野ガスは1月24日、伊賀線茅町駅(同市上野茅町)の命名権で契約締結し、副駅名を「ライフラインの上野ガス」に決まったと発表した。28日に除幕式がある。【副駅名が「ライフラインの上野ガス」に決まった伊賀鉄道の茅町駅=伊賀市上野茅町】

 副駅名として沿線企業や商業施設の名称を表示するのは伊賀線では昨年6月に「イオンタウン伊賀上野前」となった四十九駅に続いて2例目。茅町駅の東側に本社がある上野ガスから「地域貢献の一環で公共交通を支援したい」と申し出があり、協議を進めていた。

 表示場所は茅町駅の駅舎玄関とホームの駅名標や伊賀線の全15駅にある運賃表や路線案内図などで、契約料は税抜きで月3万円。同鉄道によると、茅町駅は1992(大正11)年7月に開業し、2018年11月13日に調査した乗降客数は伊賀神戸駅の2431人、上野市駅の1718人に次ぐ3番目の677人。