名張市教育委員会は1月20日、インフルエンザの影響で桔梗が丘小1年(2クラス47人)と2年(1クラス29人)、名張小5年(1クラス24人)、美旗小1年(1クラス29人)、南中1年(1クラス35人)が学級閉鎖したと発表した。

 教育総務室によると、欠席した児童、生徒は4校合わせて43人で、29人がインフルエンザと診断された。

 措置期間は、18日に措置を決めた桔梗が丘小1年A組が21日まで、同小の他の1、2年と名張小が21日から23日までの3日間、美旗小と南中が22日までの2日間。