名張市の赤目市民センター(同市赤目町丈六)を拠点に活動する絵画教室「どんぐり」の作品展「第35回どんぐり絵画展」が、1月17日から19日まで同市元町のリバーナホール(イオン名張店3階)で開かれる。入場無料。【制作に取り組むメンバーら】

 1985年に公民館の絵画サークルとして発足し、同市安部田の画家、工藤俊治さんを講師に迎えている。現在は60代から80代の8人が、毎月第2、4土曜の午前10時から正午まで活動し、年に1度の作品展の他、春には写生会もある。

 会期中は、風景や静物をモチーフとした、4号から50号まで大小さまざまな油彩画を中心に約40点を展示予定。代表の斎藤至康さん(73)は「1年間の集大成をぜひ見に来てほしい。日々楽しんで描いていることを、作品から感じてもらえれば」と来場を呼び掛けている。

 時間は午前10時から午後5時(最終日は午後4時)。同教室では会員も募集している。

 問い合わせは同センター(0595・63・0329)へ。

2020年1月11日付 763号 24面から