亡き祖母の思い出が詰まったキダチアロエが咲いた――。伊賀市上野恵美須町の松尾健さん(42)が経営する飲食店の店先で育てているアロエの花が初めて咲き、訪れた人を驚かせている。【キダチアロエを見守る松尾さん=伊賀市上野恵美須町で】

 祖母の千代美さんが大切に育てていたアロエを株分けしてもらったもので、高さは約1メートル。11月下旬につぼみがついているのを発見し、12月中旬には5センチほどの小さな筒状の花がいくつも咲き始めたという。

 来店客は「実物のアロエの花は始めて見た」などと驚きの声を上げるそうで、松尾さんは「突然のことでびっくり。今年の冬は暖かいから咲いたのかな」と笑顔で話した。