地域で奉仕活動に取り組んでいる「伊賀上野ライオンズクラブ(LC)」の会員宅でホームステイしているマレーシアの高校生、チェ・ホンジャオ君(18)が12月23日、伊賀市の岡本栄市長を表敬訪問した。滞在予定は26日まで。【岡本伊賀市長と歓談するチェ君(左)と】

 ライオンズクラブ国際協会の青少年交換事業を通じて、伊賀上野LCがチェ君を受け入れた。岐阜県高山市で1週間過ごした後、20日から伊賀市内で生活している。

 チェ君は22日にホストファミリーと大阪市内を観光。23日は伊賀上野城や伊賀流忍者博物館を見物し、奈良市の東大寺なども訪れる予定だという。

 表敬訪問には中田純一会長らも同行し、岡本市長は「よくいらっしゃいました。伊賀はどうですか。ぜひリピーターになってください」と歓迎。食に興味があるというチェくんは会員宅で振る舞われた地元名産の伊賀牛のすき焼きの感想について「特においしかった」と笑顔で話した。