イルミネーションイベント「なばり嬉来(うれき)てピリオド」が11月29日、名張市平尾の近鉄名張駅西口前で始まった。時間は午後5時半から同9時まで、期間は来年2月8日まで。【点灯式で乾杯する参加者たち=名張市平尾で】

 今年初めての取り組みで、地域の活性化につなげようと、市観光協会内に今秋結成した女性部会「ばりめっこ」が企画した。市営駐車場であった点灯式には関係者や駅利用者、数十人が参加し、街路樹に飾った手作りのランタン100個を含むLED電球5000個の前で地酒を酌み交わした。

 部会長の市橋雅美さん(55)は「皆さんが頑張ってくださったおかげ。思っていた以上に明るくて感動した」と話した。家族で訪れた名張小2年の塩入美桜さん(7)は「わあ、奇麗。いつもの駅前と違う」と驚いていた。

点灯したイルミネーション=同