11月26、27日に埼玉県で開かれる「第48回全国老人クラブ大会」の活動交流部会に、伊賀市馬場地区の女性10人で構成するダンスクラブチーム「3Bビーナスの会」が出場する。【練習に打ち込むメンバーたち=伊賀市馬場で】

 同大会には、全国から約1600人の老人クラブ会員が参加。クラブの発展と交流を目的に、創作劇、コーラス、演奏、舞踊、伝統芸能など、日頃の活動状況を舞台で実演発表するとともに、取り組みに至った経緯などをプレゼンテーションする。

 2013年に設立した同チームは、同地区の公民館を拠点に月2回活動。3B体操や忍者の動きを採り入れた地元の創作体操「忍にん体操」などで体を動かし、ボランティアとして他地域のサロンでダンスの披露などをしている。

 出場する26日は、忍にん体操を始めオリジナルダンスを披露する予定で、メンバーたちは本番を控え、動きや掛け声のタイミングを合わせるなどの練習に励んでいる。代表の箱林允子さん(76)は「10人で一致団結し、一生懸命な姿を見てもらいたい」と大会での意気込みを話した。

2019年11月23日付 760号 1面から