伊賀市を拠点に活動している写真愛好家の会「風景写会」の展示会が、11月26日(火)まで同市上野平野東町の「ビーンズ・カフェ」で開かれている。好評だった昨年に続き、会員たちの「日頃の集大成」が並ぶ。見学自由。【作品を手にを手に来場を呼び掛けるメンバーたち=伊賀市で】

 代表を務める同市富永の会社員、西秀樹さん(58)を始め、同陽光台の駒田直哉さん(67)、同四十九町の宮田彰士さん(43)を中心に、現在は6人が在籍。皆で撮影に出掛けたり、情報交換をしたりしている。

 今回はA2サイズなど1人約4点を出品。季節や場所にこだわらない新作が並ぶ予定。会期半ばの21日(木)には展示作品を総入れ替えするという。

 メンバーたちは「今年も見に来て頂き、少しでも感動してもらえたら。これからも仲間同士、技術を磨きながら向上していきたい」と語った。

 時間は午前7時から午後6時まで。水曜休。

 問い合わせは同カフェ(0595・22・2077)へ。

2019年11月9日付 759号 8面から