名張市を拠点に活動している、スケートボード好きが集まったチーム「Re:fine(リファイン)」。「ストレス発散に、皆で楽しく」スケボーライフを満喫している。【柿原さん(右から2人目)らチームのメンバーたち=名張市で】

 学生時代からともに楽しんでいた仲間が、2年前に再集結してチームを結成した。メンバーは、同市梅が丘南の会社員、柿原朋さん(33)を代表に、藤本和樹さん(29)、北園高明さん(29)、大西雄真さん(22)、西野翔太さん(29)、徳田竜也さん(24)ら伊賀地域の約20人。

 仕事の合間などに、滑走が可能な伊賀地域の広場や公園などで活動する。年齢も職業もさまざまだが〝スケボー愛”は皆同じ。チーム名は北園さんが考案したそうで、「精製」「洗練」の意味を持つ言葉に「精製(勉強・挑戦)し、洗練されたトリック(技)を決めた時に、自分だけでなく周りもうれしくできるよね」という思いを込めている。

 結成からモットーにしているのは「けがをせず安全に遊ぶ」こと。11月9日(土)には柿原さんの地元、梅が丘地区の子どもたちを対象にした「スケートボード体験会」を開催予定で、楽しさや難しさを含めた魅力を披露する予定だ。