伊賀署は10月30日、伊賀市千歳で4年前に発生した死亡ひき逃げ事件の情報提供を求めるちらし500枚を現場近くにあるスーパーやコンビニエンスストア3か所で配った。【買い物客に情報提供を求める伊賀署員=伊賀市服部町で】

 死亡ひき逃げ事件が起きたのは2015年10月30日午前0時45分ごろ、名阪国道伊賀一之宮インター北の松原交差点から市街地方面に約200メートルの国道25号で派遣社員の吉田文寛さん(当時41)がコンビニ店から湯を入れたカップラーメンを手に自宅に帰る途中、背後からワンボックスカーにはねられ死亡した。

 同署によると、逃走した車両は日産「キャラバン」風のワンボックスカー。左前部が破損しているという。

 吉田さんは身長約175センチの中肉で、当時は黒のジャンパーと紺色のスラックスを着用していた。添誠交通課長は「ひき逃げ事件は絶対許さないという信念で捜査にあたっている。ささいな情報で構わないので情報を寄せてほしい」と協力を呼び掛けた。 【ひき逃げ死亡事件が発生した現場付近=伊賀市千歳】

 情報提供は同署(0595・21・0110)へ。