社会奉仕団体の上野東ロータリークラブは10月10日、地元の伊賀市に図書購入費として5万円を寄付した。【目録を手渡す出後会長(左から3人目)=伊賀市四十九町で】

 同団体は青少年育成活動としてこれまでにも市内の放課後児童クラブに図書費を寄付してきた。今回は上野図書館からの要請で、同館が主催する読書感想文コンクールの副賞や市内在住の外国籍児童らが読めるスペイン語やポルトガル語などの図書購入費に充てられるという。

 同団体の出後秀雄会長は「子どもたちのためにこれからも地域の要望に沿った形で協力していきたい」と話し、目録を受け取った岡本栄市長は「私たちがケアしていくところに手を差し伸べて頂きありがたい」と礼を述べた。