ハーブの香りが満喫できる伊賀鉄道の「セージトレイン」が10月5日、運行を始めた。協力する伊賀市霧生のメナード青山リゾートでは「セージフェスタ」が11月24日まで開かれており、同リゾートが運営するハーブガーデンの入園割引がある香り付き切符も販売している。【乗車と来園を呼び掛けるメナード青山リゾートのスタッフ=伊賀鉄道の上野市車庫で】

 セージはハーブの一種で、セージトレインの運行は同フェスタ最終日まで。青と緑の忍者列車を使用し、伊賀上野寄りの1両にカラー布や香り付きビーズなどが飾り付けられている。

 香り付きの「セージきっぷ」はポスターカード型で伊賀神戸駅(同市比土)発のA券と上野市駅(同上野丸之内)発のB券の2種類。どちらも中学生以上370円区間行で各200枚限定。期間中の入園料大人1100円(税込み)が半額になる。

 ハーブガーデンは広さ約8万平方メートルで、そのうちセージは約1万平方メートル。水色のボックセージや赤色のパイナップルセージ、紫色のラベンダーセージなど10種類約5万株が植えられている。

 同リゾートによると、見頃は今月中旬からで、期間中はミニ花束づくりやフレッシュハーブのコサージュづくりのイベントが開かれ、11月22日から24日の収穫祭では摘み取り体験や「千人ポトフ」の振る舞いがある。

 開園時間は午前9時から午後5時(受付終了は同4時)。

 問い合わせは運航時刻が同鉄道上野市駅(0595・21・3231)、フェスタは同リゾート(0595・54・1326=予約センター)へ。