名張市議会は9月定例会最終日の10月2日、新議長に公明党の富田真由美市議(54)、新副議長に清風クラブの坂本直司市議(62)を選出した。【富田新議長(左)と坂本新副議長】

 立候補者は正副議長ともに1人で、選挙は指名推選で実施した。富田市議は所信表明で「市長と市議の同日選挙」「議会の広聴広報機能の拡充」に取り組むと述べた。

 任期は申し合わせで1年。3期目の富田市議はこれまで副議長の経験があったが、議長は初。坂本市議は1期目で副議長選出となった。

 9月定例会は約4億8000万円の一般会計補正予算案など38件を可決、認定、採択、同意し閉会した。