女子サッカー・なでしこリーグ1部の11節1試合が9月14日、長野市の長野Uスタジアムであり、伊賀FCくノ一はAC長野パルセイロ・レディースに1-0で勝利した。【ゴール前で競り合うくノ一のMF森(中央)ら=くノ一提供】

 くノ一がリーグで白星を挙げるのは引き分けを挟んで6試合ぶり。7位のくノ一が勝ち点3差で8位の長野にアウェーで競り勝った。決勝点は後半33分、コーナーキックをMF森仁美が頭で合わせた。

 くノ一の通算戦績は12節終了時で4勝3分5敗。大嶽直人監督は試合後、「大事な試合でアグレッシブに戦い、シンプルにプレーできたこと、良さである縦への強度を上げて支配できたことが勝利につながった」とコメントした。

 次節は22日にあり、宮城県のユアテックスタジアム仙台でマイナビベガルタ仙台レディースと対戦する。