大阪府門真市の東和薬品RACTABドームで9月21、22日に開かれる「第22回全国ヤングバレーボールクラブ優勝大会」U14女子の部に県代表として出場する名張市立南中3年で、ヴィアティン三重の池田涼風さん(15)が12日、市役所で意気込みを語った。【大会へ意気込む池田さん=名張市鴻之台1で】

 池田さんは小1から幼なじみの誘いで市内の「赤目ファイターズ」でバレーを始め、中学では部活動の傍らヴィアティン三重の前身チームに入団し、鈴鹿市まで毎週練習に通っている。

 チームは6月に津市であった県予選で準優勝し、全国出場を決めた。池田さんはキャプテンで、身長165センチ。ポジションはレフト。得意はレシーブとサーブで、大会に向け「バレーは皆で心をつないでいかないと勝てない。自分がチームを引っ張ってベスト4を目指したい」と話した。