名張市議会の9月定例会が2日に開会し、市は約4億8600万円の一般会計補正予算案など計28議案を提出した。

 この日は、議員が正当な理由無く90日以上長期欠席したり、刑事事件の容疑者として逮捕されたりした場合に報酬や期末手当の減額や支給停止などを可能にする条例と、飲酒運転の根絶に向け行政や市民などが取り組むことなどを定めた条例の2件が議員提出され、いずれも全会一致で可決した。

 定例会は10月2日までの31日間で、一般質問は9月5、6、9日の3日間。