昔ながらの旧小学校舎で、全長101メートルの長い廊下を雑巾がけで競う大会「ザ!雑巾DASH!2019inみつえ」が、10月14日(月)に御杖村菅野のみつえ体験交流館で開かれる。主催の同村では参加者を募集している。

 大会は今年で4回目。会場の同交流館は、1937年完成の旧菅野小学校校舎を改修した施設で、昨年は140人以上が参加した。

 小学3年生以下、6年生以下、ダブルス(2人1組)、女子50メートル(中学生以上)、中高生100メートル、雑巾がけ100メートル、200メートルリレー(4人1組)の7種目があり、1人で複数種目の出場も可能。参加費は1人1種目(ダブルスとリレーは1組)500円。競技では必ず上履きを着用する。

 各種目の優勝者・チームには米100合と記念メダル、参加者には「姫石の湯」入浴券などが贈られる。会場では「みつえうまいもん市」も同時開催する。

 参加希望者は、代表者の氏名、住所、電話番号、電子メールアドレス、参加者の氏名、性別、生年月日、出場種目を明記し、ファクス(0745・95・6800)か電子メール(thezoukindash@vill.mitsue.nara.jp)で同村むらづくり振興課へ申し込む。8月30日(金)締め切り、申し込み先着順。

 問い合わせは同課(0745・95・2001)へ。

2019年8月10日付753号8面から