今年1月に開店した「鑑定買取店家宝」(名張市鴻之台)の若き鑑定士。フレッシュな接客で、活躍が期待されている。

 名張市出身。大学卒業後、求人広告で新規オープンする同店を知った。社会人としてともにスタートを切りたいと、鑑定の世界に飛び込んだ。「今はとにかく経験を重ねたい」。店長の下で見る目を養うことはもちろん、言葉遣いや礼儀作法なども勉強している。

 出張鑑定を始め、県外のショッピングモールなどで鑑定コーナーを設け、応対する。買い取った品物の仕分け、掃除なども大事な仕事の一つだ。

 品物に対する思いを聞くため、話をすることを大切にし、リピーターも増えてきたという。「お客さまが納得して、喜んで帰ってくれることが一番うれしい」と笑う。

 休日は外出がほとんど。友人と一緒にブラックバス釣りや映画鑑賞を楽しむ。

【私のお気に入り】店長からプレゼントされたネクタイ。就職祝いにと何本かもらったうちの一本。色が気に入っている。

2019年7月27日付752号4面から