青蓮寺湖ぶどう組合がつくる青蓮寺湖観光村で7月20日、ブドウ狩りが始まった。加盟農家は15園で、10月末まで4品種の旬が次々味わえる。【デラウェアの収穫を楽しむ来園者=名張市青蓮寺で】

 同組合によると、収穫時期はデラウェアが8月末まで、巨峰とスチューベンが9月から、マスカットベリーAが10月からを見込んでいるが、例年より1週間ほど遅れ気味だという。小粒な種なしブドウのデラウェアは、一部で既に糖度18度に達したが、全体としては盆頃に旬を迎える。

 観光向けのブドウ狩りは1970年に始まり、昨年の来園者は個人やツアー客など約3万2千人。栢本健司組合長(56)は「生育状況を見ながら、好みの房を選べるのがだいご味。採れたては程良い酸味があるので、みずみずしいおいしさを味わってほしい」と来園を呼び掛けている。

 この日、母親と3歳年下の妹とブドウ狩りを初めて楽しんだ市立つつじが丘小6年の松田愛未さん(11)は「こんなにブドウがたくさんで驚いた。甘くておいしかった」と満足そうだった。

 営業時間は午前9時から午後5時まで(受付時間は同4時半)。期間中無休。入園料は食べ放題でデラウェアやマスカットベリーAなどが大人(中学生以上)1300円、小学生950円、幼児(3歳以上の未就学児)が650円。巨峰は大人1800円、小学生1350円、幼児950円。3歳未満は無料。15人以上は団体割引もある。

 問い合わせは同組合(0595・63・7000)へ。