毎年秋に伊賀市内で開かれる観光体験プログラム「いがぶら」(いがぶら実行委員会主催)。6回目を迎える今年は、小学生以下の子どもや家族を対象にした「キッズいがぶら」が夏休みに開かれる。7月20日から8月18日まで、24のプログラムが体験できる。

ものづくりや体験を 伊賀で

 「市内の子どもたちには郷土に親しむ心を、市外の子どもたちには伊賀の魅力を知ってもらい、大人になってからも訪れてもらえるきっかけになるようなことをしたい」と初めて企画された。

 「伐倒見学で林業を学ぼう」(廣島製材)、「3DCADを使ったモノづくり」(ものづくりくらふと)、「テーブルマナーレッスン」(フラワーブティックこさか)を始め、伊賀白鳳高校フードシステム科パティシエコースの生徒も初参加するなどプログラムは多彩。

 実行部会の菊山美早さん=写真は「夏休みには伊賀で、ここでしかできない体験を楽しんでもらえたら」と来場を呼び掛けている。

 各プログラムの詳細は公式ウェブサイト(http://igabura.com)で。申し込みは同サイトで7月6日から始まっており、先着順。

 問い合わせは専用ダイヤル(0595・51・9088=平日午前10時から午後4時まで)へ。

2019年7月13日付751号18面から