翻訳や通訳、語学講座など多文化共生推進の事業を行っている伊賀市のNPO団体「伊賀の伝丸」(和田京子代表理事)が、6月23日午後1時30分から同市上野丸之内のハイトピア伊賀5階で創立20周年を記念した「感謝のつどい」を開く。参加無料。

 当日は、ペルーの首都リマで生まれ、15歳で来日し、現在は桃山学院教育大などで講師を務める、伊賀市在住のオチャンテ・村井・ロサ・メルセデスさんが「伊賀市に住む多言語、多文化な子どもたち~移民第2、第3世代の現状と将来の展望~」の演題で記念講演する。その後、同団体が新しく取り組む学習に必要な日本語のサポート事業の発表や南米音楽のミニライブもある。定員100人。午後4時まで。

 問い合わせは同団体(0595・23・0912)へ。