伊賀市平野東町の画家、中尾範子さん(69)と、中尾さんに絵を習っている女性たちのグループ「ポピーの会」=写真=が、6月20日から23日まで同市上野東町のうえせん白鳳プラザで水彩画作品展「オールドガールズ展」を開く。入場無料。

ゆったり気楽に描く

 60代から80代の14人が2グループに分かれて月1回、中尾さんの自宅で季節の花や果物などを描いている。10年ほど前、中尾さんと絵画仲間の数人が、市内のギャラリーで作品展を開いた際、空いていた部屋で絵を描き始めたことがきっかけで発足したという。

 作品展は3年前に1度開催しており、2回目となる今回は、室内で描いた花や静物、身の回りの風景など、F4号から同8号の作品を2、3点ずつ、計35点ほどを展示予定。

作品を紹介し来場を呼び掛ける中尾さん(後列中央)ら=伊賀市平野東町で

 創設当時から参加している同印代の森田吏津子さん(67)は「皆さんの作品を見ることが良い刺激になっている」、同上野車坂町の岡島原子さん(78)は「いろいろな花や花瓶を準備してもらうので取り掛かりやすく、ゆったり気楽に進められる」と話す。

 中尾さんは「3年経って作品も増え、一度皆さんに見てもらいたいと開催することにした。ぜひ足を運んで」と来場を呼び掛けた。

 時間は午前10時から午後5時半(最終日は同4時半)まで。

 問い合わせは同プラザ(0595・21・1880)まで。

2019年6月8日付749号1面から