名張市議会事務局は14日、6月定例会で一般質問する通告者9人を発表した。日程は18、19、20日の3日間。

 発言者の順番と質問の要旨は次の通り。敬称略。

【18日=3人】

幸松孝太郎▼子ども・若者支援①若者育成支援計画の策定と若者支援センターの設置②不登校・発達障害などが原因で起こる若者のひきこもり対策▼中高年のひきこもり対策(ひきこもり専任担当など)▼認知症対策(認知症サポーターの増員や活用、認知症キッズサポーターの拡大など)▼名張市スポーツ推進計画と三重とこわか国体・三重とこわか大会(総合型地域スポーツクラブの支援充実や「ホッケーのまち なばり」の取組など)▼「名張産伊賀米コシヒカリ」が、ふるさと納税返礼品であることを活かして高付加価値ブランドへ

山下登▼単身世帯の終活支援について問う▼市内の道路について問う

柏元三▼行政改革①令和4年度までの名張市総合計画第2次基本計画における行財政改革②公共工事の工事費積算における金銭感覚を問う▼非輪番日の「脳と心臓の救急医療」①過去の議会における市長と病院の発言の食い違い②救急時に機能しない在宅医療救急システム▼市民の不満と要望①老人福祉センター「ふれあい」の入浴②公園トイレの洋式化の進捗状況③百合が丘と梅が丘の投票所配置

【19日=3人】

坂本直司▼ひきこもりや元気高齢者への就労支援①ひきこもりで就職活動をしていない若者に対して②就職希望があるものの職探しをあきらめた中高年に対して③元気な高齢者に対して▼医療的ケア児への対応①保育所(園)や幼稚園での対応②学校や放課後児童クラブでの対応▼外国人住民へのコミュニケーション支援①日常生活支援としての日本語教育▼文化財の防災対策①火災や地震、風水害に対する日常の備え②災害発生時のマニュアル整備

三原淳子▼市財政の健全化を果たしたか①財政調整基金、市債②固定資産税の増税分の使い道▼固定資産税の課税のあり方①課税根拠となる資料の保存と廃棄▼福祉と教育を守り、市財政の健全化を実現するために①民間丸投げのPFIでのセンター方式ではなく自校方式の学校給食で市内経済の好循環を

細矢一宏▼若者・現役世代への支援▼都市内分権のあり方▼自転車保険加入の促進

【20日=3人】

富田真由美▼疾病予防のワクチン接種①高齢者の肺炎球菌ワクチン②子宮頸がん予防ワクチン▼児童虐待防止対策のさらなる強化①新たなルールに対する取組▼防災センターの施設活用▼投票環境の向上①期日前投票所の増設②共通投票所の設置

足立淑絵▼山の維持管理①境界と所有者などの明確化②災害防止のための森林づくり③里山づくりと獣害対策▼名張の元気創造①移住定住支援②起業支援③先駆的空き家対策モデル事業で指定された3地域の現状と今後④県の事業を活用した取組

森岡秀之▼避難所①各地区の避難場所へのルートは②福祉避難所の役割▼働き方改革▼三重とこわか国体・三重とこわか大会▼市内の道路状況