名張市内全域を一斉清掃する6月2日実施の「名張クリーン大作戦2019」を主催する実行委員会が参加を広く呼び掛けている。本部が置かれる同市新町の名張川右岸河川敷では、関連イベントも催される。【参加を呼び掛ける実行委メンバー=名張市役所で】

 実行委は市内のNPO法人「地域と自然」などで組織。各自治会や団体、個人などが参加し、過去15回の開催で延べ約5万5000人が参加している。昨年は57団体4668人が参加し、3430キロのごみを回収した。

 当日、一般参加者は新町橋下流右岸の本部前に午前9時集合。周辺のごみを約40分間拾う。個人で参加する場合は、手袋や金ばさみ、ごみ袋を持参する。清掃後は、緑色の衣類や小物を身に着けて自然への思いを語る「グリーン×グリーンコンテスト」や川沿いの草花や生物を観察する「名張川ウォーキング」がある。

 中西崇雄実行委員長は「名張は美しい自然の町。多くの人に参加していただき、環境を守る意識を持ってもってもらえたら」と話している。

 問い合わせは同法人(0595・48・7730)へ。