地域の観光のこれからについて考える講演会が3月1日に名張市、6日に山添村、17日に宇陀市で開かれる。参加無料、申し込み不要。

 1日は名張市鴻之台1の市防災センターで午後6時30分から同8時30分まで。講師は、おもてなし経営研究所の西川丈次代表、演題は「人の力で地域観光を創り出す“おもてなし”セミナー」。

 6日は山添村大西のふるさとセンターで午後6時30分から同8時30分まで。講師は田辺市熊野ツーリズムビューローの多田稔子会長、演題は「地域を活性化する、外国人観光客と地域との関わり方」。

 17日は宇陀市榛原福地の保養センター美榛苑で午後1時30分から同3時30分まで。講師は全国ほんもの体験ネットワークの藤澤安良会長、演題は「訪日教育旅行における観光地域づくり」。

 問い合わせは東奈良名張ツーリズム・マーケティング事務局(0595・41・1057、平日)へ。

2019年2月23日付742号11面から